KOIDEは木のおもちゃ専門メーカーです。

安全性と知育性の高い木のおもちゃを、日本国内で丁寧につくりお届けしています。

column

木の知育玩具で遊ばせてみよう!0歳から遊べるパズルや積み木も豊富

子供が自ら何かに触れたり、掴んだりすることが増えてくると、そろそろおもちゃを与えてみようと考える方が多いでしょう。せっかくおもちゃを与えるなら、知育玩具を選ぶのがおすすめです。人間の脳は3歳頃までに大きく発達するといわれているため、このタイミングで知育玩具を与えて心身の成長を促しましょう。

こちらでは、知育玩具の必要性や0歳から知育玩具を与えるメリットをご紹介いたします。KOIDEでは木のぬくもりを感じる知育玩具を取り扱っていますので、ぜひ参考にしてください。

知育玩具とは?パズルや積み木で遊ぼう!

四角い積み木

知育玩具とは、考える力や想像する力を働かせるおもちゃのことです。どうやって使うのかわからないおもちゃは、子供にとっても未知のもの。ひねったり回転させたり、押しこんだり引っ張ってみたりと、工夫することでそのおもちゃの面白さ、使い方がわかるようになります。

つまり、知育玩具とは楽しく遊びながら知的発達の向上が期待できるおもちゃなのです。簡単に飽きたりせず、答えを見つけたくなるのが特徴です。

1歳に満たない赤ちゃんには、あまり複雑な知育玩具を与える必要はありません。例えば、触ったり、掴んだりするだけで変化が生まれるような知育玩具がおすすめです。

数ある知育玩具の中でも、木でできたパズルや積み木は特に人気があります。壊れにくくぬくもりを感じるのがメリットといえるでしょう。

0歳の赤ちゃんに木の知育玩具は必要?

木の知育玩具

知育玩具は「考えるおもちゃ」という印象があり、「3歳くらいまでは必要ないのでは?」と考える方も多いでしょう。しかし、知育玩具の対象年齢は幅広いので、0歳の赤ちゃんに与えても問題はありません。

人間の脳は3歳までに80%程度完成するといわれています。また、生後半年程度で脳の大きさも2倍程度まで大きくなるといわれているのです。そのため、なるべく早い時期に知育玩具を与えた方が、脳によい刺激を与えることができます。

0歳の赤ちゃんは立ったり歩いたりすることができないので、握ったり音が鳴ったりする木製の知育玩具がおすすめです。例えば、ボールやリング状のものなど、丸くて手で掴めるものがよいでしょう。指先の感覚が特に優れている時期なので、様々な触り心地のものを与えると興味を持ってくれます。

危険察知能力がない年齢のうちは、安全なことを確認してから与えるようにしてください。角がとがっているものや破損しやすいものなどは注意が必要です。

KOIDEは知育玩具として人気のパズルや積み木をはじめ、0歳から遊べる様々な形のおしゃぶりもご用意しています。木肌が緻密でささくれが出にくいため、安心して赤ちゃんに与えることができます。もちろん、塗料は食品衛生法に基づく(社)日本玩具協会の玩具安全検査に合格した塗料を使っているため安全です。

木の知育玩具は0歳から遊べる

木製の知育玩具について解説いたしました。たくさんある知育玩具の中でも、特にぬくもりある木の知育玩具が人気です。安全性をチェックしつつ、知的発達をサポートするものを選びましょう。

KOIDEでは、0歳から遊べるおしゃぶりをはじめ、人気のパズルや積み木などもご用意しています。安全性にこだわりつつも知的発達をサポートするおもちゃをお探しの際は、ぜひKOIDEの通販サイトをご利用ください。

木の知育玩具をお探しならKOIDEへ

会社名 有限会社コイデ東京
ショップ名 木のおもちゃKOIDE
代表者 目黒 道夫
設立 平成9年6月24日
創業 平成9年7月1日
会社住所 〒130-0005 東京都墨田区東駒形4丁目11-8
会社TEL 03-5608-2791
鹿沼センター住所 〒322-0254 栃木県鹿沼市上久我1495
鹿沼センターTEL 0289-66-7020 (お電話でのご 注文はこちらへ)
鹿沼センターFAX 0289-65-8093(FAXでのご 注文はこちらへ)
FAX用紙 ダウンロード
メールアドレス info@koide-woodtoys.jp
ホームページURL https://www.koide-woodtoys.jp/
業務内容 木製玩具及び木工品の製造販売
取扱商品 積み木や乗り物など、本物の木のおもちゃ

Information

ご購入について

KOIDEについて

その他

column

ページトップへ