KOIDEは木のおもちゃ専門メーカーです。

安全性と知育性の高い木のおもちゃを、日本国内で丁寧につくりお届けしています。

column

木製おもちゃを販売!良いおもちゃの種類や年齢別の選び方・お手入れ方法を解説!

様々な素材や種類のおもちゃがある中で、一体どのようなおもちゃを選ぶと子供にとって良いのか迷う方も多いでしょう。おもちゃは、発達や成長に合わせたものを選ぶことが重要です。この記事では、適切なおもちゃの種類や年齢別でのおもちゃとの関係、木製おもちゃのお手入れ方法をご紹介します。

子供に良いおもちゃとは

木のレジスターのおもちゃ

昨今では様々なおもちゃが市場に出回っています。沢山の種類のおもちゃがある中で、どんなおもちゃが子供にとって良いのか悩むこともあるでしょう。

子供にとって良いおもちゃとは、自ら手を伸ばして遊びたいと思える要素があり、飽きることなく遊べるおもちゃです。加えて、多様な遊び方ができ、子供が自分で考えて、遊びを広げられるようなものが良いでしょう。

特に、木や布などの素材で作られたおもちゃは、素材の質感やぬくもりを感じることができ、五感を刺激します。幼少期に五感が刺激されることで、知的能力を身に付けたり、感受性を豊かにしたりすることができるでしょう。

年齢別の成長とおもちゃの関係

木のおもちゃで遊ぶ女の子たち

子供は、おもちゃを通じて心身を成長させます。心身の成長につなげるためには、子供の発達に適したおもちゃを選ぶことが大切です。ここからは、年齢別の成長とおもちゃの関係について解説します。

生後0~6ヶ月の赤ちゃん

生後1ヶ月ごろから、視覚で情報を取り入れようとします。そのため、ゆっくりとした動きで、天井や壁に吊り下げるおもちゃを選びましょう。聴覚は生まれてすぐから発達しているため、優しい音が鳴るものを取り入れるのもおすすめです。

7~11ヶ月

このころから手先や指が器用になり、ものをつかんだり、振ったりといった動作ができるようになります。なんでも口に入れようとする時期のため、口に入れても安心できる素材のおもちゃを選びましょう。

1歳

1歳になるころには、手先が器用になってものをつまんだり、積み木を積み上げたりといったことが可能になります。視野も広くなって遊びの内容も広がるため、積み木やボールなどの様々な遊びができるおもちゃを選びましょう。

2歳~3歳

自我が強くなり、自分でどの遊びをしたいか主張するようになるのがこの2~3歳の時期です。大人の真似をしてごっこ遊びをしたり、友達と一緒に遊んだりと社会性を身に付け始めるのもこのころです。ままごとセットといった、ごっこ遊びに使うおもちゃをはじめ、子供が興味を示しているおもちゃを与えましょう。

4~6歳

このころになると、就学を意識した遊びを取り入れるようになるでしょう。遊びを通して言葉を覚える知育おもちゃや、パズルやドミノなどルールのあるゲーム系のおもちゃを選ぶと、様々な能力を身に付けることができるでしょう。

ここで紹介した年齢別の発達は、あくまでも目安です。それぞれの子供に合わせておもちゃを選びましょう。

木製おもちゃのお手入れ方法

木製おもちゃは、壊れにくく長持ちするのが特徴です。ここからは、木製おもちゃのお手入れ方法をご紹介します。

カビの対策

木製おもちゃは、湿気や子供のよだれが大敵です。木の特性上、湿気を含んだままだとどうしてもカビの発生が考えられます。濡れたままということがないように、使用後は水分をふき取ってから陰干し乾燥をしましょう。

紙やすりで磨く

木製おもちゃが汚れてしまったら、180番ぐらいの普通の紙やすりで削ることができます。ささくれができてしまった場合も、手に刺さってしまうことのないように紙やすりで削りましょう。

壊れてしまったら

家庭で修理できる範囲の部品だったら、木工用ボンドで取り付けることが可能です。家庭での修理が不可能な場合には、各メーカーに問い合わせてみましょう。

種類豊富な木製おもちゃから子供に合ったものを選ぼう

おもちゃは、子供の年齢や発達に深い関係があります。子供の姿に合わせて、適切かつ子供が興味を持てるおもちゃを選ぶようにしましょう。また、木製おもちゃは適切なお手入れ方法で、定期的にお手入れをすることが大切です。

KOIDEでは、木製おもちゃを種類豊富に取り揃えています。子供にとってどんなおもちゃが良いのかお悩みでしたら、KOIDEのおもちゃをご覧ください。

木製のおもちゃをお探しならKOIDEへ

会社名 有限会社コイデ東京
ショップ名 木のおもちゃKOIDE
代表者 目黒 道夫
設立 平成9年6月24日
創業 平成9年7月1日
会社住所 〒130-0005 東京都墨田区東駒形4丁目11-8
会社TEL 03-5608-2791
鹿沼センター住所 〒322-0254 栃木県鹿沼市上久我1495
鹿沼センターTEL 0289-66-7020 (お電話でのご注文はこちらへ)
鹿沼センターFAX 0289-65-8093(FAXでのご注文はこちらへ)
FAX用紙 ダウンロード
メールアドレス info@koide-woodtoys.jp
ホームページURL https://www.koide-woodtoys.jp/
業務内容 木製玩具及び木工品の製造販売
取扱商品 積み木や乗り物など、本物の木のおもちゃ

トンカチのおもちゃを販売!木育の効果とおすすめの木製おもちゃをご紹介!

最近注目されている「木育」。木育という言葉は聞いたことがあっても、実際にはどのような取り組みなのか知らないという方も多いでしょう。こちらでは、木育の目的やトンカチのおもちゃの効果、おすすめの木製おもちゃについてご紹介します。

木育とは

木のおもちゃで遊ぶ子どもたち

木育とは、おもちゃや家具などの身近なところに木製のものを使うことで、環境と関わる取り組みです。

木育には、「環境を守る」「木の文化を伝える」「暮らしに木を取り入れる」「経済を活性化させる」「子供の心を豊かにする」という5つの目的があります。

木製おもちゃで遊ぶことで、自然を意識した暮らしの第一歩となります。木育を通じて、子供も大人も自然を大切にする心を育てましょう。

おすすめの木製おもちゃ

木製おもちゃで遊ぶ赤ちゃん

木製おもちゃは、子供の発達や年齢に適したおもちゃを選ぶことが大切です。ここからは、おすすめの木製おもちゃを年齢別にご紹介します。

0~1歳にはラトルがおすすめ

ラトルは振って音を出すおもちゃです。握る動作を覚えたり、音を聞いたりすることで子供の五感を刺激します。この年齢の子供は、なんでも口に入れてしまうことが考えられます。口に入れても大丈夫な素材が使われて、誤飲のリスクが無い大きさのおもちゃを選びましょう。

1~2歳には積み木がおすすめ

積み木は積み上げる以外にも、握る、組み合わせる、ものの形を覚えるといった様々な方面からの学びを得ることができます。積み木といっても、様々な形や色のものがあるため、子供の発達に合ったものを選びましょう。

3~4歳にはトンカチのおもちゃがおすすめ

トンカチのおもちゃは、箱の穴に適した大きさのパーツをはめ込み、トンカチで打ち付けるとはめ込んだパーツが出てくるというおもちゃです。適切な形を選んではめる、たたいて力を加えるといった動作が身に付きます。

他にも、木製おもちゃには様々な種類があります。

トンカチのおもちゃの効果

子供が1歳ごろになると、おもちゃやスプーンなどで机をたたき始めることがよく起こります。この行為は子供が乱暴になっているわけではなく、たたくという行為で手の感覚を学んでいるのです。

子供はたたくという行為の中で、手首や腕の使い方を学ぶことができます。また、たたいたときの音や、手に受ける衝撃も楽しんでいるのです。

たたくという行為が見られ始めたら、トンカチのおもちゃを与えることをおすすめします。子供の「たたく」という動作を助ける効果があります。

トンカチのおもちゃを扱う通販サイト一覧

トンカチのおもちゃは様々なメーカーが取り扱っています。ここからは、トンカチのおもちゃを扱っている、おすすめの通販サイトをご紹介します。

ハンマーあそび

店舗名 KOIDE
通販サイト https://www.koide-woodtoys.jp/SHOP/N11.html
特徴 棒をハンマーでたたいて、台座に差します。棒同士の間隔がハンマーの直径より広くなっているため、上手に狙いを定めなければたたけません。

パウンドアンドタップベンチ

店舗名 Hape
通販サイト https://www.hape.com/jp/jp/toy/toy/E0305
特徴 ボールが落ちた先が鉄琴になっているため、ハンマーでボールを落としたときに音が鳴ります。

ビジーベンチ&タワー

店舗名 ニック社
通販サイト https://www.eurobus.jp/?pid=127159342
特徴 トンカチ遊び以外の面にも仕掛けが施されているため、1つのおもちゃで「たたく」「こする」「回す」「つまむ」の動作が可能です。

木製おもちゃを販売!

木製のおもちゃ使った木育を通じて、自然との関わりを学び、豊かな心を育てることができるでしょう。また、トンカチのおもちゃには、ただたたくという行為以外にも、様々な手の動きを取得する効果があります。

木製おもちゃ専門店のKOIDEでは、天然素材を使用した木製おもちゃを多数ご用意しています。木育をサポートする木製おもちゃをお探しでしたら、ぜひKOIDEの木製おもちゃをご活用ください。

おもちゃのトンカチならKOIDEへ

会社名 有限会社コイデ東京
ショップ名 木のおもちゃKOIDE
代表者 目黒 道夫
設立 平成9年6月24日
創業 平成9年7月1日
会社住所 〒130-0005 東京都墨田区東駒形4丁目11-8
会社TEL 03-5608-2791
鹿沼センター住所 〒322-0254 栃木県鹿沼市上久我1495
鹿沼センターTEL 0289-66-7020 (お電話でのご注文はこちらへ)
鹿沼センターFAX 0289-65-8093(FAXでのご注文はこちらへ)
FAX用紙 ダウンロード
メールアドレス info@koide-woodtoys.jp
ホームページURL https://www.koide-woodtoys.jp/
業務内容 木製玩具及び木工品の製造販売
取扱商品 積み木や乗り物など、本物の木のおもちゃ

ままごとセットを販売!ごっこ遊びが始まる成長の時期や種類・遊び方を解説!

ごっこ遊びは、想像力を広げたり、コミュニケーション能力を身に付けたり、言葉を取得したりと、様々な能力を身に付けて成長につなげることができます。ごっこ遊びを豊かにするためには、ままごとセットをはじめとする環境を整えることが大切です。この記事では、ごっこ遊びが始まる時期や種類、身に付く能力、ままごとセットでの遊び方について解説します。

ごっこ遊びが始まる時期

木のおままごとセット

ごっこ遊びが始まる時期は、おおよそ2歳ごろから始まり、4~5歳ごろにピークを迎えるといわれています。ごっこ遊びが始まるまでには、いくつかの段階があります。

1歳ごろになると、ごっこ遊びの基盤となる、再現遊びや世話遊びをするでしょう。再現遊びとは、身近な大人の真似をする遊びです。そのあと、自分がしてもらったようなお世話を、人形やぬいぐるみなどにやってあげる世話遊びが始まります。

世話遊びがさらに発展すると、何かになりきって遊ぶ「見立て・つもり遊び」が始まります。見立て・つもり遊びを周りの人たちと共有したり、イメージが膨らんだりしたものがごっこ遊びです。

このように、子供がごっこ遊びを始めるまでには、様々な遊びの段階を踏んで発展していきます。

ごっこ遊びの種類

木のキッチン

ごっこ遊びには、以下のように様々な種類があります。

ままごと

ごっこ遊びの初期の段階で行われることが多いのが、ままごとです。お母さんやお父さんになりきって料理をしたり、ぬいぐるみのお世話をしたりします。

先生ごっこ

幼稚園や保育園の先生になりきって遊ぶこともあるでしょう。先生と子供という、組織としての環境を学んでいるといえるでしょう。

お店ごっこ

レストランや雑貨屋さんなどを題材にしたお店屋さんごっこは、社会の仕組みを学んでいるといえるでしょう。ものを売る、人と関わる、お金といった買い物の仕組みを、遊びを通して学ぶことができます。

これらの代表的な遊び以外にも、乗り物ごっこや劇遊びなど、ごっこ遊びの種類は沢山あります。

ごっこ遊びで身に付くこと

ごっこ遊びで身に付けることができる能力は以下のようなものです。

想像力

なりきって遊んだり、おもちゃを食べ物に見立てたりと、自分たちで世界観を創るごっこ遊びは、想像力を豊かにします。

コミュニケーション能力

ごっこ遊びに周りのお友達や家族も参加することで、よりコミュニケーション能力が形成されます。

言葉のやり取り

ごっこ遊びでは、言葉のやり取りが欠かせません。ままごとでは、「いただきます」「ごちそうさま」「いってらっしゃい」など、生活の中で使う言葉を覚えることができるでしょう。お店屋さんごっこでは、店員さんとのやり取りを再現することで、社会のルールを学ぶことができます。

ごっこ遊びは、単なる遊びではなく、社会性を身に付けることができる遊びです。

ままごとセットでの遊び方

同じままごとセットでも、子供の成長によって遊び方を広げることができます。

ままごとセットを使って、食べ物や道具の名前を覚えることも可能です。「これはにんじんだね」といった声かけは、言葉の取得につながります。少し成長すると大人が料理する姿を覚えて、子供が再現するようになるでしょう。

さらに成長すると、言葉でのコミュニケーションが増えていきます。「ご注文は何ですか?」「次はカレーが食べたいな」などと、遊びを通して言葉のやり取りも増えるでしょう。

このように、ままごとセットでは様々な遊びをすることができます。

子供の成長のためにままごとセットを購入するならKOIDEへ!

ごっこ遊びが始める時期や種類、遊び方についてご説明しました。
ごっこ遊びによって、様々な能力を身に付けることができます。イメージを膨らませて遊ぶためには、環境を整えることが大切です。

木のおもちゃの専門店「KOIDE」では、木のぬくもりに溢れたままごとセットを販売しています。ままごとセットのご購入をお考えの方には、長く使うことができる木製のものがおすすめです。

ままごとセットをお探しならKOIDEへ

会社名 有限会社コイデ東京
ショップ名 木のおもちゃKOIDE
代表者 目黒 道夫
設立 平成9年6月24日
創業 平成9年7月1日
会社住所 〒130-0005 東京都墨田区東駒形4丁目11-8
会社TEL 03-5608-2791
鹿沼センター住所 〒322-0254 栃木県鹿沼市上久我1495
鹿沼センターTEL 0289-66-7020 (お電話でのご注文はこちらへ)
鹿沼センターFAX 0289-65-8093(FAXでのご注文はこちらへ)
FAX用紙 ダウンロード
メールアドレス info@koide-woodtoys.jp
ホームページURL https://www.koide-woodtoys.jp/
業務内容 木製玩具及び木工品の製造販売
取扱商品 積み木や乗り物など、本物の木のおもちゃ

木のおもちゃ専門店をお探しならKOIDEへ!人気の木のおもちゃを選ぶ際の基準や与え方・年齢に合わせる重要性を解説!

子供の成長に欠かせないものの1つにおもちゃがあります。おもちゃはただ遊ぶだけのものではありません。子供は、おもちゃ遊びを通して想像力や手先の動きを身に付けます。この記事では、おもちゃを選ぶ基準や与え方、木のおもちゃ専門店のおもちゃが人気な理由、年齢が限定されるものは避けた方がよいのかについて解説します。

おもちゃを選ぶ際の基準は?

おもちゃ売り場

昨今では、おもちゃ売り場に様々なおもちゃが並んでいます。木のおもちゃ専門店でも、種類豊富なおもちゃを取り扱っています。おもちゃの種類がたくさんあると、どれを選んでよいのかと悩むこともあるでしょう。まずは、おもちゃを選ぶ際の基準についてご紹介します。

発達に沿ったもの

子供の年齢や発達によって、適切なおもちゃは異なります。年齢はあくまでも目安ですので、その子供の発達に応じたおもちゃを選びましょう。

子供の興味があるもの

音楽が好きな子供には楽器系のおもちゃ、ごっこ遊びが好きな子供にはままごとセットなど、子供の興味があるものを選びましょう。興味が無いものを無理やり与えても、遊びは長続きしません。

想像力を豊かにするもの

電池で光る、動く、音が出るなど、最近では多くのおもちゃが販売されています。しかし、これらのようなおもちゃは遊び方が限られてしまいます。子供が自ら遊びを発展させられるようなおもちゃを選ぶことが大切です。

木のおもちゃが人気な理由

木の電車のおもちゃ

時代の変化によって様々なおもちゃが販売される中、木のおもちゃは時代が変わっても愛され続けています。木のおもちゃ専門店も多数あります。

木のおもちゃが人気の理由の1つに、木の温かみと安全性の高さが挙げられます。小さな子供は、なんでも口に入れてしまう可能性があります。口に入れる可能性のあるおもちゃに有害な物質や塗料が含まれていると、安心して与えることができません。

木のおもちゃ専門店が取り扱うおもちゃの多くは、生産国の安全基準に沿って作られています。また、プラスチックや金属類の無機質さが無く、自然を感じられる温かさが魅力です。

壊れにくい点や、インテリアになじみやすい点なども人気の理由に挙げられます。

おもちゃの与え方のポイント

おもちゃは、子供に与えたらそれで終わりというわけではありません。子供がおもちゃで遊んで、成長してくためには、与え方のポイントを押さえたうえで与えることが大切です。

一緒に遊んであげる

一緒に遊ぶ人がいることでより遊びが豊かになります。子供と一緒に遊んであげることで、遊び方やコミュニケーション能力、想像力が身に付きます。

発達段階に合わせたおもちゃを選ぶ

発達段階からあまりに離れたおもちゃでは、子供は遊び続けることができません。子供は遊びを通じて、様々な能力を身に付けます。発達段階に合わせたおもちゃを選ぶことが与え方のポイントです。

自分で遊びを選べる環境を整える

大人から与えられたおもちゃで遊ぶだけでは、子供の自主性は身に付きません。棚やおもちゃ箱を使って、子供が自らやりたい遊びを選べる環境を整えることが大切です。片付けを自分で行うという習慣も身に付けることができるでしょう。

年齢が限定される木のおもちゃは避けた方がよい?

赤ちゃん向けのものといった遊べる期間が限定的なおもちゃは、長く使えないからと買うのを躊躇してしまうこともあるでしょう。しかし、年齢が限られるおもちゃも、子供の成長に欠かせません。

子供はおもちゃ遊びを通じて、手先の動きや身体能力を身に付けます。また、難しすぎるおもちゃだと遊ぶ意欲がわかない、簡単すぎるおもちゃだとすぐに飽きてしまうなど、成長に応じていないおもちゃでは役割は果たせません。

おもちゃは子供の成長を促すために大切な環境の1つです。子供の成長のために、年齢・発達に合わせたおもちゃを与えるようにしましょう。

木のおもちゃ専門店をお探しの方はKOIDEへ!

木のおもちゃは、時代が変わって様々なおもちゃが登場する中でも長年人気を集めています。おもちゃを与える際には、年齢や発達、子供の興味に合わせておもちゃを選ぶことが大切です。

木のおもちゃ専門店のKOIDEでは、様々な木のおもちゃを取り揃えています。プレゼントとしても人気があります。木のおもちゃを購入するならKOIDEへ。

木のおもちゃ専門店KOIDEへ

会社名 有限会社コイデ東京
ショップ名 木のおもちゃKOIDE
代表者 目黒 道夫
設立 平成9年6月24日
創業 平成9年7月1日
会社住所 〒130-0005 東京都墨田区東駒形4丁目11-8
会社TEL 03-5608-2791
鹿沼センター住所 〒322-0254 栃木県鹿沼市上久我1495
鹿沼センターTEL 0289-66-7020 (お電話でのご注文はこちらへ)
鹿沼センターFAX 0289-65-8093(FAXでのご注文はこちらへ)
FAX用紙 ダウンロード
メールアドレス info@koide-woodtoys.jp
ホームページURL https://www.koide-woodtoys.jp/
業務内容 木製玩具及び木工品の製造販売
取扱商品 積み木や乗り物など、本物の木のおもちゃ

積み木がおすすめ!歴史や色と大きさの選び方・面取りの意味を解説!

積み木は子供におすすめできる遊びの1つです。おもちゃの定番ともいえる、積み木の歴史は有名ではありません。様々な色や大きさがあり、おすすめの選び方があります。また、積み木の面取り加工には、どのような意味があるのでしょうか?こちらでは、積み木選びに役立つ情報を詳しく解説します。

積み木遊びの歴史

積み木遊び

積み木は子供が楽しめる定番の遊びです。こちらでは、積み木の歴史をご紹介いたします。

ドイツで考案された遊び

積み木を使った遊びは1800年代中頃、ドイツ人のフリードリッヒ・フレーベル氏によって考案されました。「恩物」という教材が基になっています。ものの持つバランスを伝えるおもちゃとして生み出されました。

日本では幼稚園開設以来愛され続けている

日本で幼稚園が開設されたのは明治9年。開設当時から積み木遊びが導入されていました。これ以来ずっと、積み木を使った遊びは愛され続けています。

積み木の色は?おすすめはどれ?

カラフルな積み木

積み木には様々な色があります。実は積み木の色は、より楽しい遊びを実現するためのポイントの1つです。積み木の色が持つ意味やおすすめの色をご紹介いたします。

色付きの積み木は楽しい?

積み木にはカラフルな色がついたものもあれば、着色がされていないタイプの積み木もあります。色付きの積み木は見た目が楽しげで、子供の興味もひきやすいでしょう。
色付きの積み木によってデザインの幅が広がります。

メインの積み木は白木タイプがおすすめ

メインとして使う積み木は、色付きではなく白木タイプがおすすめです。色がついていないからこそ、創造力をふくらませて自由な表現ができるようになります。
色付きの積み木はメインではなく、ワンポイントのようなアクセント的な使い方がよいでしょう。表現の幅を広げられるよう、子供の創造力をベースとできる状態にします。

積み木の大きさはどれがよい?

積み木の大きさは基尺という言葉で表されます。積み木の1辺が3cmなら3cm基尺、4cmなら4cm基尺です。どの大きさを選ぶべきか解説します。

同じ基尺でそろえる

積み木は同じ基尺でそろえるのが安心です。基尺が合っていれば安定性があり、高く積んでも安心して遊べます。サイズがバラバラだと積んだときのバランスが悪くなってしまうため、積み木を買い足すときも同じ基尺の積み木を選ぶのがおすすめです。

大きさはどれがおすすめ?

目的に適した基尺は異なるため、積み木遊びの方法に合わせて大きさを選ぶことが大切です。基尺の小さなものは簡単に持ちやすく、手軽に遊びたいと考える方に適しています。一方で大きなものなら少ない数でも高く積み上げができるため、大きなものを表現したい場合には大きな積み木が便利です。
ただしどのような大きさであっても、子供の創造力はしっかり活かせるでしょう。そのため、とにかく基尺をそろえて買うことが最優先です。

積み木の面取りについて

積み木の中には角を削り落とす面取り加工がされたものがあります。面取り加工がされた積み木を選ぶべきなのでしょうか?

実は面取り加工をしていない積み木であっても、積み木の角で怪我してしまう可能性はそれほどありません。面取りをしていない場合も、角で怪我しないよう加工はされています。安心感を得たい場合は、面取り加工のものを選んでもよいでしょう。

むしろ面取り加工のない積み木の方がよいという考えもあります。面取りをした積み木は影ができやすいため、積み木で作った作品の見た目に影響しやすいです。見た目にこだわりたい場合は、角が削られていない積み木の方がおすすめです。

ただし面取りの有無に関係なく、積み木を投げるなど乱暴な扱いは怪我の原因になります。そのため正しい使い方を教えることが大切です。

木製おもちゃ専門メーカーのKOIDEでは、様々な積み木のおもちゃを扱っています。積み木のおもちゃをお探しの方はぜひご覧ください。

積み木について理解を深めよいものを選ぼう

積み木の歴史は古く、長く楽しまれています。様々な色や大きさが存在しますので、目的に合ったものを選ぶことが大切です。面取り加工の有無についても知っておけば、よりよい積み木選びができるようになります。
積み木をお探しの方は、ぜひ通販サイトKOIDEをご利用ください。目的に合った積み木が見つかるでしょう。

おすすめの積み木はKOIDEへ

会社名 有限会社コイデ東京
ショップ名 木のおもちゃKOIDE
代表者 目黒 道夫
設立 平成9年6月24日
創業 平成9年7月1日
会社住所 〒130-0005 東京都墨田区東駒形4丁目11-8
会社TEL 03-5608-2791
鹿沼センター住所 〒322-0254 栃木県鹿沼市上久我1495
鹿沼センターTEL 0289-66-7020 (お電話でのご注文はこちらへ)
鹿沼センターFAX 0289-65-8093(FAXでのご注文はこちらへ)
FAX用紙 ダウンロード
メールアドレス info@koide-woodtoys.jp
ホームページURL https://www.koide-woodtoys.jp/
業務内容 木製玩具及び木工品の製造販売
取扱商品 積み木や乗り物など、本物の木のおもちゃ

おもちゃをプレゼントするならKOIDEの通販へ!出産祝いの時期やおすすめ商品を解説!

おもちゃを出産祝いにプレゼントしませんか?しかし、いつ贈るべきなのかと時期がわからない方もいらっしゃるでしょう。おもちゃを用意するなら好きなタイミングで利用できる通販が便利です。こちらではおもちゃのプレゼントについて、出産祝いの時期やおすすめ商品などをご紹介いたします。

出産祝いを贈る正しい時期

出産祝いのプレゼント

お祝いを贈るタイミングは悩みのタネです。出産祝いを贈る正しい時期について解説します。

赤ちゃんが生まれて1週間~1ヶ月の間

出産祝いのプレゼントは、赤ちゃんが生まれてから1週間~1ヶ月の間に贈るのが一般的です。これはお七夜からお宮参りまでの期間となります。お七夜とは生まれてから7日後に行う命名のお祝いです。

お宮参りは神様への感謝と健やかな成長を祈願するイベントを指します。お宮参りは、地域によって多少時期の違いがあります。出産祝いは生後1ヶ月までに贈るようにしましょう。

出産祝いを贈ることを避けた方がよい時期とは?

出産祝いを贈ることを避けた方がよい時期があります。それは出産前~出産後の入院中です。出産前は赤ちゃんが無事に生まれてくる確証は持てず、望んだ結果にならない可能性も否定できません。そのため出産祝いを贈ってしまうと深く傷つける結果となることもあるでしょう。無事に生まれたことを確認できるまで、出産祝いを贈らないようにしましょう。

また出産直後は母子ともに休息が必要です。入院中はゆっくりできるよう、出産祝いは贈らないようにします。

出産祝いが遅れてしまった場合の渡し方

様々な事情により、生後1週間~1ヶ月の間に渡せないケースもあるでしょう。出産祝いが遅れてしまった場合の渡し方をご紹介いたします。

贈る前に連絡を

出産祝いを贈っていないことに気づいたら、プレゼントを用意する前に電話やメールなどで連絡して謝罪しましょう。それから出産祝いのプレゼントを贈ります。連絡をすることで気持ちを伝えられますし、相手の印象もよくなります。

なお出産祝いとして何か欲しいものがないかを確認すると安心です。確実に喜んでもらえるものを贈るため、連絡の際に併せて聞いてみましょう。

6ヶ月や1歳のプレゼントに贈る

出産祝いが遅れてしまったのなら、生後6ヶ月や1歳の誕生日プレゼントにするのもおすすめです。使うおもちゃや服などの幅も広がるため、プレゼントの選択肢も増えます。メッセージカードもつけると、より気持ちが伝わりやすいです。

プレゼントを贈る方法とは?通販が便利?

プレゼントを贈る方法

プレゼントを渡す方法は数多くあり、状況によって適切な渡し方は違います。贈り方について解説します。

直接渡すなら必ず日時の約束を

直接会って渡すのであれば、事前に日時の約束が必要です。その際はこちらの都合ではなく、相手に合わせるようにします。相手や赤ちゃんの都合や体調が最優先です。負担にならないよう、長居しないなどの注意も必要です。

郵送で贈る場合の注意点

遠方に住んでいる、もしくは忙しいなどの場合、郵送で贈るのもよいでしょう。ただし郵送の場合にはいくつか注意点があります。

まずは受取日時です。事前に相手に連絡し、希望の受取日時に配送されるよう手配すると親切です。また人によっては里帰り出産でしばらく自宅に帰らないこともあります。そのため郵送の際は、配送先の住所を確認すると安心です。

通販で贈る方法もあり

通販サイトでプレゼントを購入し、そのまま贈る方法もあります。プレゼント対応をしている通販サイトは多く、手軽にプレゼントを贈れます。この場合も受取日時や配送先の確認が必要です。木製おもちゃメーカーのKOIDEではネット限定品の販売をしていますので、ぜひ通販の利用もご検討ください。

出産祝いプレゼントは何にする?木製のおもちゃがおすすめ!

出産祝いに適したプレゼントには様々なものがあります。いくつか、おすすめの商品を紹介します。

ベビー服

ベビー服は出産祝いの定番です。赤ちゃんは着替えの場面が多いため、ベビー服はたくさん必要です。ワンサイズ大きめのものを選ぶと、小さすぎて着られないというトラブルを回避しやすくなります。

絵本

出産祝いのプレゼントとして絵本もおすすめです。生後1週間~1ヶ月の間では、読み聞かせなどに役立ちます。成長したら自分で読むこともあるでしょう。

おもちゃ

おもちゃも出産祝いとして喜んでもらえるアイテムです。月齢や年齢によって適したおもちゃは異なるため、対象年齢などをしっかり確認しましょう。

特におすすめなのが木製のおもちゃです。木製おもちゃは壊れにくいうえ、自然素材で安心というメリットがあります。温かみがあり心地よく遊べる点もポイントです。

KOIDEでは木のおもちゃを多数取り扱っているため、出産祝いのプレゼント選びの際にぜひご利用ください。

出産祝いは心を込めたプレゼントを!

出産祝いは生後1週間~1ヶ月の間に贈るのが理想です。もし遅れてしまった場合には連絡をする、もしくは誕生日プレゼントを贈るなどをしましょう。渡す際は事前の確認が大切です。

出産祝いのおもちゃは、壊れにくく安心素材な木製おもちゃが特におすすめです。KOIDEでは木製おもちゃを多数取り揃えていますので、ぜひ公式サイトをご覧ください。

おもちゃのプレゼントならKOIDEへ

会社名 有限会社コイデ東京
ショップ名 木のおもちゃKOIDE
代表者 目黒 道夫
設立 平成9年6月24日
創業 平成9年7月1日
会社住所 〒130-0005 東京都墨田区東駒形4丁目11-8
会社TEL 03-5608-2791
鹿沼センター住所 〒322-0254 栃木県鹿沼市上久我1495
鹿沼センターTEL 0289-66-7020 (お電話でのご注文はこちらへ)
鹿沼センターFAX 0289-65-8093(FAXでのご注文はこちらへ)
FAX用紙 ダウンロード
メールアドレス info@koide-woodtoys.jp
ホームページURL https://www.koide-woodtoys.jp/
業務内容 木製玩具及び木工品の製造販売
取扱商品 積み木や乗り物など、本物の木のおもちゃ

木製玩具に使用される木の種類と違いを解説!ブナの木を使用するメリットとは?

木製玩具は、その名のとおり木で作られたおもちゃで、子供からの人気が高いです。使われる木材の種類によって、様々な違いがあります。木材の中でもブナの木の人気が高いことには理由があります。木製玩具には多くのメリットがあるため、ぜひ用意しましょう。こちらでは木製玩具に使用される木材について解説します。

木製玩具に使われている木材の種類やその違い

木製玩具に使われる木材

木製玩具に使われる木材の種類は数多くあります。よく使われる木材の種類や、種類によって見られる違いをご紹介いたします。

ブナの木

ブナの木は木製玩具によく使われる木材の一種です。変形しやすいため加工が容易という特徴を持ちます。ささくれ発生や湿度による影響などもあまりないため、長期的に使えます。

トチ

トチは木目が美しい木材です。そのためトチで作られた木製玩具は、木目を活かした見た目になることが多いです。ただし美しい反面、乾燥に弱いという性質も持っています。

ホオ

ホオは衝撃に強い木材です。木製玩具だけでなく、まな板として使われることも多いです。

クスノキ

クスノキは香りが強いため、クスノキで作られた木製玩具が多い部屋は木の香りが広がります。見た目だけでなく、香りも楽しみたい場合にぴったりです。

木製玩具にブナの木がよく使われている理由

ブナの木のおもちゃ

木製玩具はブナの木がよく使用されている理由は、以下のとおりです。

長く使い続けられる

ブナの木はささくれが起こりにくいため、おもちゃによる怪我などの心配が少なくて済みます。また湿度に強いという特徴もあるため、長持ちしやすく世代を超えて使うことも可能です。長く使えるため、木製玩具の素材として愛されています。

木目の癖が少ない

ブナの木は木目の癖が少ない点も特徴的です。木目が出やすい素材だと、見た目に強い影響が出てしまいます。上から塗って隠すのはなかなか大変です。
木目の癖が少ないブナの木は、デザイン的に使いやすいという利点があります。

色がつけやすい

ブナの木は白い素材であるため、色がつけやすい点もメリットです。色を塗った木製玩具を作る際には、木の色による影響を受けにくい白い木材が便利です。そのためブナの木は色がつけやすいといえます。

KOIDEの公式サイトでは木製玩具を作る流れをご紹介していますので、ぜひご覧ください。

木製玩具のメリット

木製玩具は子供が遊ぶうえで様々なメリットがあります。どのようなメリットがあるか、具体的にご紹介いたします。

創造力や表現力を伸ばす

木製玩具は比較的シンプルなデザインです。だからこそ子供は創造力を活かして様々なものを作り上げて表現するようになります。
代表的な例として積み木が挙げられます。積み木は非常にシンプルな見た目で、子供は積み木を使って家や動物などを作ることが多いです。このようにシンプルゆえに、子供が工夫できる余地が広いのです。

感覚が心地よい

木は他の素材と比べ、触ったときに温かみを感じられます。そのため触覚から強い刺激を受けず、心地よく遊び続けることができるのです。小さな子供は五感がするどいため、冷たさなど刺激がある素材は長く使い続けられないことがあります。
また木の香りや木材特有の音なども、心地よく遊び続けるために大切なポイントです。

KOIDEでは心地よく遊べる木製玩具を数多く取り扱っています。木製玩具をお探しでしたら、ぜひ一度サイトをご覧ください。

木製玩具を選んで心地よく遊ぼう

木製玩具に使われる木材には様々な種類があり、素材によって表れる特徴が違います。特に湿度への強さや加工のしやすさなどから、ブナの木が使われた木製玩具が多いです。
木製玩具を使うことにはメリットが多いため、活用してはいかがでしょうか?
KOIDEでは多くの木製玩具を販売しているので、ぜひご利用ください。

木製玩具をお探しならKOIDEへ

会社名 有限会社コイデ東京
ショップ名 木のおもちゃKOIDE
代表者 目黒 道夫
設立 平成9年6月24日
創業 平成9年7月1日
会社住所 〒130-0005 東京都墨田区東駒形4丁目11-8
会社TEL 03-5608-2791
鹿沼センター住所 〒322-0254 栃木県鹿沼市上久我1495
鹿沼センターTEL 0289-66-7020 (お電話でのご注文はこちらへ)
鹿沼センターFAX 0289-65-8093(FAXでのご注文はこちらへ)
FAX用紙 ダウンロード
メールアドレス info@koide-woodtoys.jp
ホームページURL https://www.koide-woodtoys.jp/
業務内容 木製玩具及び木工品の製造販売
取扱商品 積み木や乗り物など、本物の木のおもちゃ

わなげの特徴と遊び始める年齢・おもちゃの選び方を解説!

わなげは人気があるおもちゃの一種で、わかりやすさや危険の少なさなどが特徴です。子供が楽しめるように、特徴や年齢に合ったものを選ぶことが大切です。こちらではわなげのおもちゃの特徴やわなげの選び方などを解説します。わなげのおもちゃを扱う通販サイトもまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

わなげの特徴

木のわなげ

まずはわなげがどのようなおもちゃか、特徴を解説します。

目標に向かって輪を投げるだけ

わなげのルールは非常にシンプルです。目標として立てられた支柱に通るように、上手く輪を投げます。輪を投げて支柱に通すだけという簡単なルールであるため、幅広い年齢で楽しめる遊びです。

工夫次第で難度を上げられる!

ちょっとした工夫で、難度を上げることができます。たとえば支柱にアルファベットなどの文字をつけ、指定された文字の支柱に通すルールにすれば難度が一気に上がります。支柱に数字をつければ、合計点で競い合うことも可能です。遊び方の幅が広い点も、わなげのうれしい特徴です。

わなげ遊びを始める年齢

わなげ遊びは物をつかんで投げられるようになれば遊べます。支柱という目標に向かって投げられるようになるのは2歳~3歳頃でしょう。そのため本格的なわなげ遊びができる年齢は2歳以降と考えられます。

しかし、輪をつかむだけであれば6ヶ月~1歳でもできることが多いです。そのため物をつかめるようになったらわなげに似た遊びができるようになります。

6ヶ月~1歳ぐらいの子供であれば、支柱に向かって投げるのではなく、支柱を使った積み重ねやただ投げるだけなどの遊び方がおすすめです。低月齢の赤ちゃん用のおもちゃもあるので、選び方次第で安心して遊ばせることができます。

わなげのおもちゃの選び方

わなげのおもちゃ

わなげのおもちゃは様々な種類があるため、迷ってしまうことが多いです。そこで、年齢や目的に合わせたわなげのおもちゃの選び方をご紹介いたします。

低月齢の場合

低月齢の場合、投げて支柱に通す行為は難しいです。そのため輪を支柱にはめるタイプのおもちゃの方が楽しめます。また柔らかい素材や口につけても大丈夫な素材のわなげのおもちゃも多く出ています。カラフルな色合いや楽しげなデザインのおもちゃもありますので、見るだけでも楽しめるでしょう。

幅広い遊び方をしたい場合

少し工夫するだけで、遊び方の幅が広がります。支柱と輪に様々な色がついたタイプのわなげのおもちゃなら、同じ色の支柱に向かって投げるといった遊びができます。
水に浮かべられる素材であれば、お風呂の中で遊ぶのもよいでしょう。

インテリアとしても楽しみたい場合

わなげのおもちゃは選び方次第で、インテリアとしても楽しめます。キャラクターモチーフのおもちゃであれば、遊んでいない時間は可愛く飾れます。デザイン性の高いおもちゃは、インテリアとして生活を豊かにすることが可能です。
子供の年齢次第では、好きなデザインのものを子供に選んでもらうのもよいでしょう。

KOIDEでは様々なわなげおもちゃを販売しています。幅広い目的や年齢に応じた商品を取り扱っていますので、ぜひご覧ください。

わなげのおもちゃを扱うおすすめの通販サイト一覧

わなげのおもちゃを購入するときには、通販サイトが便利です。おすすめの通販サイトを3つご紹介いたします。

KOIDE

KOIDEは木製おもちゃ専門のメーカーです。木の温かみを感じられる優しいデザインながら、子供が楽しめる細かい工夫を凝らしています。
「動物ワナゲ」シリーズは可愛い動物型の支柱が特徴的で、遊びだけでなくインテリアにもぴったりです。安全性と知育性の高い木のおもちゃをたくさん取り扱っています。

MOCCO

MOCCOは木製おもちゃの製造・販売をしています。大正15年創業と、かなり歴史のあるメーカーです。「森のわなげシリーズ」は、ロープで作られた輪をあひるや犬などの形をした支柱に向かって投げます。長く使い続けられる、ロングセラーおもちゃにこだわったサイトです。

プラントイ

プラントイは創業以来木製のおもちゃを作り続けている企業です。防腐剤を使わず品質にこだわり続けています。
「輪投げ」は3本の支柱と6つの輪からなるシンプルなわなげのおもちゃです。距離を伸ばすなど工夫次第で難易度の調整ができます。幅広い遊び方ができるおもちゃを扱うサイトです。

わなげで楽しく遊ぼう!

わなげは、シンプルなルールながら幅広い年齢の子供が楽しめるおもちゃです。種類も豊富なうえ、工夫次第で難易度の調整が可能なため、様々な楽しみ方ができます。
わなげのおもちゃをお探しの方は、木製おもちゃの通販サイト「KOIDE」をご利用ください。お子様に合った楽しいおもちゃを見つけていただけるでしょう。

わなげをお探しならKOIDEへ

会社名 有限会社コイデ東京
ショップ名 木のおもちゃKOIDE
代表者 目黒 道夫
設立 平成9年6月24日
創業 平成9年7月1日
会社住所 〒130-0005 東京都墨田区東駒形4丁目11-8
会社TEL 03-5608-2791
鹿沼センター住所 〒322-0254 栃木県鹿沼市上久我1495
鹿沼センターTEL 0289-66-7020 (お電話でのご注文はこちらへ)
鹿沼センターFAX 0289-65-8093(FAXでのご注文はこちらへ)
FAX用紙 ダウンロード
メールアドレス info@koide-woodtoys.jp
ホームページURL https://www.koide-woodtoys.jp/
業務内容 木製玩具及び木工品の製造販売
取扱商品 積み木や乗り物など、本物の木のおもちゃ

積み木のおもちゃの選び方とは?出産祝いなら安全性の高い積み木を!

知育おもちゃの代表である積み木。子供のあらゆる能力を発展させたいと願う親にとって積み木は嬉しい贈り物なので、出産祝いにも多く選ばれています。しかし、いざ出産祝いに積み木のおもちゃを贈ろうと思っても、デザインや素材の種類がたくさんある中から、どのようなものを選べばよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

実際に初めて積み木を購入するとなると、意外と選び方に迷ってしまうものです。ここでは、積み木のおもちゃの選び方をご紹介します。

出産祝いに積み木のおもちゃをプレゼント!積み木の最適な選び方

積み木を積む子供

初めて積み木のおもちゃをプレゼントしようと考えている方は、相手のお子さんの年齢も考えて候補を絞り込むとよいでしょう。

出産祝いでまだ生後数週間から数ヶ月ということでしたら、安全第一で選ぶのが望ましいです。具体的には下記のような積み木です。

  • 積み木の角が丸い
  • 積み木の素材が柔らかい
  • 積み木に安全な塗料が使用されている
  • お口に入りにくいブロック

まだ生後数ヶ月では、積み木を積んでいくことができません。触ったり握ったり、あるいは口に入れたりなど、興味本位で触る程度がほとんどです。特に生後数ヶ月の場合は口に入れることが考えられます。口に入れても問題ない素材、あるいは安全な塗料を用いた積み木を選択しましょう。口に入れることを想定して作られた積み木も登場しています。

また、出産祝いに贈った場合、生後すぐの赤ちゃんの遊び道具として使うとは限りません。1~2歳に成長するのを待ってから遊ばせることや、その赤ちゃんの上の兄弟のおもちゃとして使うことも考えられます。その場合も、積み木の素材選びが重要です。

乳児期や幼少期は、大人が考えつかないような行動を起こす可能性があります。積み木は子供にとって無限の遊び道具です。積み木を投げたり、落としたり、振り回したりなど、時には危険な遊び方をすることもあります。角が丸くなっているもの、柔らかい素材のものなど、安全面も配慮された積み木選びが大切です。

友人や親類などの子供の誕生日プレゼントなら、正しく積み木を扱える年齢の場合は、重量感のあるものや凸凹した積み木でも問題ないでしょう。逆に軽すぎたり、おもちゃ感が強かったりする積み木だと、満足してくれない可能性もあります。赤ちゃん向けではない一般的な木製の積み木がおすすめです。いろいろな形状のものだと創造性も豊かになるので、子供の成長にうってつけです。

意外と難しいのが、積み木のおもちゃのパーツ数です。どのくらいのパーツ数だと満足してくれるのだろうと考えると、適量が難しいです。その場合は、年齢を一つの目安にするのがおすすめです。0歳、1歳児くらいでしたら10パーツ、20パーツ程度あれば十分でしょう。

3歳以上になってくると好奇心旺盛で、とことん遊び尽くしたいと考える年齢です。その場合は、30パーツ以上のものを選ぶのがおすすめです。

安全性の高い積み木を選ぼう!積み木のおもちゃはKOIDEへ

積まれた積み木

ここでは、積み木のおもちゃの選び方をご紹介しました。出産祝いや誕生日プレゼントに贈る場合は、相手のお子さんの年齢を聞いた上で、適切な積み木を選ぶことが大切です。赤ちゃんの場合は、安全性を重視して選べば親御さんも安心して受け取ってくれるはずです。

木のおもちゃ専門メーカーのKOIDEでは、安全性と知育性の高い積み木のおもちゃを全国にお届けしています。ご家庭用はもちろん、贈り物として積み木をぜひお役立てください。

積み木のおもちゃを選ぶならKOIDEへ

会社名 有限会社コイデ東京
ショップ名 木のおもちゃKOIDE
代表者 目黒 道夫
設立 平成9年6月24日
創業 平成9年7月1日
会社住所 〒130-0005 東京都墨田区東駒形4丁目11-8
会社TEL 03-5608-2791
鹿沼センター住所 〒322-0254 栃木県鹿沼市上久我1495
鹿沼センターTEL 0289-66-7020 (お電話でのご 注文はこちらへ)
鹿沼センターFAX 0289-65-8093(FAXでのご 注文はこちらへ)
FAX用紙 ダウンロード
メールアドレス info@koide-woodtoys.jp
ホームページURL https://www.koide-woodtoys.jp/
業務内容 木製玩具及び木工品の製造販売
取扱商品 積み木や乗り物など、本物の木のおもちゃ

積み木のおもちゃを使った遊び方 軽くて安全な高級コルクの積み木は知育にも最適!

昔から子供のおもちゃとして人気の積み木。誰もが子供のころ、一度は積み木遊びをした経験があるのではないでしょうか。

積み木は、知育効果が期待できる、非常に優れたおもちゃなのです。ここでは、積み木の知育効果と遊び方についてご紹介します。

バランス感覚や集中力アップに役立つ!積み木の知育効果とは?

積み木セット

積み木は、知育効果があると評価されている優れたおもちゃの一つです。具体的には、下記のような知育効果が期待できるとされています。

  • バランス感覚を養う
  • 整合性を養う
  • 集中力を養う
  • 指先の感覚を養う
  • 想像力を育てる
  • 達成感を得られる
  • 失敗を経験する
  • 失敗から対策を学ぶ

積み木には丸いもの、三角のもの、長方形のもの、正方形のもの、台形のものなど様々な形をしたものが存在します。一つ一つ違うパーツを重ねていくことで、高い塔が完成します。高く積むにはどうすればいいか自然に学びながら、バランス感覚や整合性を養うことができます。

また、塔が高くなればなるほど、より集中力も増します。他の遊びと比べて、続ければ続けるほど右肩上がりに集中力が高まっていくおもちゃです。そして何回か繰り返すうちに、三角形のものを途中で入れてはいけない、丸いものはバランスが悪いなど色々と学習していきます。

こういった失敗と成功の繰り返しが、子供の成長に大変意義のあることです。積み木はあらゆる物事にも通じる部分があり、「過去の失敗を今に活かすには」という視点を、幼いうちから身につけることができます。

このように積み木は、様々な要素を含んだ知育おもちゃです。

年齢別にみた積み木の遊び方を紹介!

木槌の玩具を持つ子供

積み木を選ぶ際は、子供の年齢を意識して選ぶと良いです。

1歳児未満の場合

まだまだ「積む」という作業が難しい年齢です。まずは握ったり、触ったりする遊びがメインです。時には口に入れてしまうこともあるので、誤飲を防ぐためにも、大きめの積み木を用意してあげましょう。鋭利なものではなく、丸いものや柔らかい素材の積み木を選ぶことが大切です。

1歳児から2歳児の場合

1歳児から2歳児は、子供の成長にもよりますが、実際に手に取って積み木を一段一段重ねることができる年齢です。ただし、難易度の高い遊び方はまだできません。比較的積みやすい形状のもの、柔らかい素材の積み木などを用意してあげましょう。安全性を考慮するなら、軽くて柔らかい高級コルクを使った積み木もおすすめです。

2歳児から3歳児の場合

2歳児から3歳児の多くは、積み木を積んでいくのも上手くなっていく年齢です。読み書きが完璧にできる年齢ではないので、視覚的に楽しめる積み木だと好奇心も湧いて、さらに前向きにチャレンジしてくれます。例えば、文字よりイラストが描かれた積み木などがおすすめです。自動車や動物、キャラクターなど、その子が好きな絵が描かれた積み木なら、楽しんでチャレンジしてくれるはずです。

3歳児以上の場合

3歳以上になると、想像力も豊かになってきます。ちょっと難しい積み木、積み方を工夫しないと高く積めない積み木などの知育おもちゃが最適です。また、数字やひらがななどが入った積み木もおすすめです。積み木を積むと同時に文字を作るといった遊びも知育に効果的です。積み木だけでなく、単語も学べて一石二鳥の遊び方ができます。

幼い子には軽くて安全な高級コルク積み木もおすすめ!安全性と知育性の高い木のおもちゃをお探しならKOIDE

ここでは、積み木の知育効果と積み木の遊び方についてご紹介しました。積み木は、幅広い年齢層が遊べるおもちゃです。遅すぎる・早すぎるということはありません。その子の状況や成長に合わせて、一緒に積み木で遊んであげましょう。

KOIDEでは、積み木をはじめ、のりものやわなげ、けん玉などの木のおもちゃを多数取り揃えています。シンプルな形状のものから複雑なもの、高級素材のものなど種類豊富です。安全性の高い高級な積み木をお探しでしたら、ぜひKOIDEでお求めください。

積み木のおもちゃをお探しならKOIDEへ

会社名 有限会社コイデ東京
ショップ名 木のおもちゃKOIDE
代表者 目黒 道夫
設立 平成9年6月24日
創業 平成9年7月1日
会社住所 〒130-0005 東京都墨田区東駒形4丁目11-8
会社TEL 03-5608-2791
鹿沼センター住所 〒322-0254 栃木県鹿沼市上久我1495
鹿沼センターTEL 0289-66-7020 (お電話でのご 注文はこちらへ)
鹿沼センターFAX 0289-65-8093(FAXでのご 注文はこちらへ)
FAX用紙 ダウンロード
メールアドレス info@koide-woodtoys.jp
ホームページURL https://www.koide-woodtoys.jp/
業務内容 木製玩具及び木工品の製造販売
取扱商品 積み木や乗り物など、本物の木のおもちゃ

Information

ご購入について

KOIDEについて

その他

column

ページトップへ